無題

光文社より呼吸改善の書籍を発売しました


光文社より、4月28日に呼吸改善に関する書籍MOOK「胸郭を広げてコントロール 呼吸&ぜんそく 改善ストレッチ+エクササイズ」を発売しました。

同書籍は、国内最大級の呼吸器官ぜんそくの専門病院である「地上独立行政法人 大阪府立病院機構 大阪はびきの医療センター」が監修し、呼吸およびぜんそくについての基礎知識から改善のための情報を掲載するとともに、スポーツトレーナー三浦香織さん(デポルターレクラブ)が呼吸改善のためのオリジナルのストレッチとエクササイズを提案した内容となっています。

また、巻頭の対談インタビューとして、サッカー日本代表であり、イングラド・プレミアリーグのレスターFCに所属する岡崎慎司選手が自身のぜんそくについて告白し、ぜんそくで苦しむ子どもたちに熱いメッセージを送ってくれています。

同書籍について、企画および原稿作成を担当しています。

<書籍名>
「胸郭を広げてコントロール 呼吸&ぜんそく 改善ストレッチ+エクササイズ」
価格:1620円(税抜)

<内容>
本書冒頭の対談にて、サッカー日本代表・岡崎慎司選手(レスターFC)が「運動誘発性ぜんそく」を患っていることを初めて告白している(対談相手は監修元病院所属の医師)。症状緩和のため、練習や試合の前に胸郭を広げるストレッチを行っていることを明かした。これを踏まえ、胸郭を広げるエクササイズを考案、提示している。さらに、ぜんそく患者だけでなく、すべての人にとって、「呼吸が浅くなる」「呼吸が下手になっている」ことは健康に悪い影響を与えていることを伝え、正しい呼吸法と「呼吸改善エクササイズ」を紹介することで、呼吸から健康的なカラダづくりを提唱する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>